交通事故専門弁護士

被害者の方々が加害者の保険会社と直接交渉する場合には、その保険会社の示談額基準で示談金の提示がされます。しかし、ここに弁護士が登場することで、裁判所基準・弁護士基準(裁判所の交通事故の民事訴訟で使用する損害額の算定基準)で算定をし、これを規準にして交渉をしていくことになります。もうここで既に、 保険会社の示談額基準と裁判所基準・弁護士基準に大きな差があり、弁護士に依頼することに大きなメリットがあることが分かってきます。

弁護士にはもともとこのような明確な規準というものが存在しているため、保険会社と増額交渉という場合は、どのような弁護士だってそれなりお仕事をしてくれるでしょう。

しかし、交通事故専門の弁護士にお願いすれば、 1つ1つの事件の個別の事情を踏まえたうえで、依頼する人たちの要望をしっかりくみ取ってくれることが出来ますし、適正な賠償のための交渉・主張をしてもらうことが出来ます。

示談金の中には、休業損害(休業の補償)というモノがありますが、それ一つをとってみても、個々それぞれの事情が存在しているのです。依頼者の満足できる弁護士とは、そのような細かい部分まで、事情をくみ取ることが出来る弁護士なのです。

そして、示談がまとまらないというケースもあります。そのとき、裁判を提起したりし、調停解決を目指して行くことになりますが、ここでも交通事故専門の弁護士とそうでない弁護士とは大きな違いが出ることになります。