個人はやっぱり駄目?

交通事故に会ったとき、弁護士という存在が、交渉の窓口になってくれるのです。そもそも、交通事故を起こしたとき、交通事故初心者の人たちがほとんどなのではないでしょうか。何をどうしていいか、まるで子供という人たちがほとんどなのです。

弁護士はプロフェッショナルであり、そのとき、弁護士にさえお願いをすれば良いというモチベーションも起こるのかもしれませんが、それが正しくない方法なのです。

もちろん、弁護士にお願いするモチベーションまでは正しいのですが。被害者本人で交渉をするケースもあります。しかし、そのとき主張や要求を十分に伝えられなかったりして、または伝えたにしても、加害者側保険会社等から納得のいく提案をしてもらえなかったりするケースが多くあります。そもそも支払いをしなければならない側は、良心的というよりも、出来るだけ金額を抑えたいと思っているものなのです。交通事故初心者の人たちが、まともに向きあって上手くいく方がおかしいのです。

弁護士を通せば、スムーズに行くというのに、個人の場合、何か保険会社の対応も横柄・変というケースもあります。それでは、治療をまず最優先に考えて行動をしなければならないものの、安心して治療もできないのではないでしょうか。